英語翻訳スタッフ

山﨑 祐見

(やまざき ゆみ)

語学が好きという気持ちが原動力
多様な分野・業務に対応可能です

「おや?」と疑問に思う、その感覚を大切に

大学ではスペイン語を専攻していました。フリーランスとして、スペイン語翻訳の仕事もしていましたが、スペイン語は英語に比べると需要が少なく、もっと語学を活かしたいと考え、特許事務所で外国事務の仕事を始めました。その時に、特許明細書に触れる機会があって、特許翻訳に興味を持ちました。現在の事務所の特許翻訳者募集をきっかけに転職しました。

気になったことはスルーしないで、ひとつずつ確認するよう心がけています。明細書を読んでいて、「おや?」と思うことや、訳していてひっかかること、疑問点がある時には、明細書を担当された方に確認するようにしています。原文から2通りの解釈ができる場合には、2通りの訳文を提示して、より適切な方を選んでいただくなど、正確な翻訳のための工夫をしています。

多様な分野・業務を担当することで広がる

特許事務の経験もありますから、明細書に限らず、中間処理をはじめ、さまざまな書類の翻訳に携わっています。日本出願のための明細書和訳や、日本特許庁発行の中間書類の英訳も多く担当しています。分野も多岐にわたります。直接の関連はなくても無駄になる知識はないので、多様な業務や分野を担当して、今後も知識を増やしていきたいと考えています。未経験の分野でも、十分なリサーチを行い、喜んで翻訳させていただきます。

特許翻訳には、語学力に加え、技術を理解する力と法律の知識が必要ですので、関連書籍を調べるなどして、単なることばの置換えにならないよう丁寧に翻訳しています。特許翻訳の制約に沿って、かつ、お客様が伝えたいことをもらさずに翻訳するのは難しいですが、それだけに、的確な表現ができた時は嬉しいですね。

これからも、知識を蓄積して、明確で正確な翻訳を心がけていきます。

PROFILE DATA

山﨑 祐見(やまざき ゆみ)

神戸市外国語大学 外国語学部イスパニア学科 学士号取得。2011年入社後、英語翻訳業務に従事する。

対応技術分野

▼機械・メカトロ分野
空調・冷凍装置、流体機械、機械設備、特装車・建機、ベルト伝動装置、その他各種処理装置

▼電気、電子分野
電子回路、通信技術、半導体

▼化学、材料、バイオ分野
半導体プロセス、液晶・有機EL技術、電池、ほか 明細書に限らず、中間処理をはじめとした各種書類の翻訳

対応言語

日本語、英語

休日の過ごし方

美味しいものを食べたり、山歩きをしたりして、リフレッシュ