英語翻訳スタッフ

大羽 佳子

(おおは よしこ)

お客様に喜んでいただけることが
仕事のやりがいです!

外国出願事務の経験もプラスしながら

外国語大学で英語を学んでいました。卒業時に英語を生かして仕事を・・・と探していたところ、特許事務所で働くことに。その事務所で、特許翻訳の仕事をすすめられたのをきっかけに、この道へ進みました。

いきなり、明細書の翻訳からではなく、はじめは特許業務の流れを教わりながら、中間処理レターの作成や、優先権証明書の作成をしたり・・・など経験を重ねました。先輩に赤ペン指導をいただきながら、少しずつ、明細書の翻訳に携わるように。気づけば、もう16年ほどのキャリアになります。

いろんな経験を積みたいと、2度ほど転職を重ねて、今の事務所に。以前勤務していた事務所では、化学・薬学系が多かったり、電気系が多かったりと分野が限られていたので、さまざまな分野の特許翻訳に携わりたいと思って、転職しました。基本的に「来る者拒まず」ですが、今は半導体や撮像素子などの電気系、空調や自動車など構造系を担当することが多いです。

直訳ではなく、意図や意味をちゃんと理解して

特許翻訳は権利に関わるものなので、書いてあることは落とさずに書く、書いていないことは勝手に増やさない・・・でも、日本語のややこしい表現を、英語にする時には、かみくだいてわかりやすく表現したいと思っています。そのために、日本語で書いている、そのままを英語にするのではなくて、意図や意味をちゃんとすくい取って翻訳することを心がけています。

会社ですので、わからないことがあったり、表現で迷ったりした時は、すぐに相談できる環境があるからいいですね。ほかの特許翻訳スタッフに相談して解決します。

お客様から「レベルの高い英文と感じました」など褒めていただけることもあり、そうおっしゃっていただけると、嬉しいですね!

PROFILE DATA

大羽 佳子(おおは よしこ)

神戸市外国語大学 外国語学部 英米学科卒業。1998年より英語翻訳業務に従事する。

対応技術分野

▼機械・メカトロ分野
自動車関連技術、自動車部品・車載部品、空調・冷凍装置、流体機械、機械設備、ベルト伝動装置、その他各種処理装置

▼電気、電子分野
半導体、半導体記憶装置、LSI設計、画像処理

▼化学、材料、バイオ分野
半導体プロセス、液晶・有機EL技術、光ケーブル、電池

対応言語

日本語、英語

休日の過ごし方

2歳の双子の母。子どもたちとの時間を大切に過ごす。
子どもたちが寝た後、夫に任せて、銭湯にリフレッシュしに行くことも。