2019年2月及び3月に弊社代表の吉田、顧問の生島、中国語翻訳者の張、他がセミナーを開催いたします。

【テーマ】
「日中機械翻訳が危ない!中国ビジネスを守るために必要な〝本物の特許翻訳″のポイント」
悪い特許翻訳を量産しないために技術者・知財マンがいまこそ行うべき準備とは。

  • 中国の特許事務所や翻訳会社はコストが低い
  • 日本語がわかる中国の特許事務所に一任すれば問題ない
  • 逆翻訳をすれば日中翻訳の間違いを見つけられ、品質の担保は可能だ!
  • 日本の特許事務所や翻訳事務所は翻訳コストが高い

と思っていませんか?
しかし、実は特許翻訳の価値をコストで判断することで、
自社の中国ビジネスを守る特許権を取得したつもりが思いもよらないトラブルに巻き込まれることがあります。
そこで、本セミナーでは特許翻訳の失敗事例を多数紹介しながら、
中国ビジネスを守る特許権を取得するためのポイントをお伝えするのはもちろんのこと、
人間が行う翻訳と機械翻訳とを上手に使い分けることで
“本物の特許翻訳”を量産するために必要なポイントをお伝えします。

【開催日】
2019年2月22日(大阪開催)および、2019年3月7日(東京開催)
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
seminar 2019

【お申し込み】
セミナーへの参加は、こちらのフォームからお申し込み頂けます。